当院について|北葛飾の長岡産婦人科医院

image

当院について

院長ごあいさつ

安全かつ安心できるお産のために

image

院長 長岡 成郎

昔とは違い、妊娠・出産に関する情報は今、ネットや雑誌からいくらでも得られるようになりました。もちろんこうした情報から、妊娠中・出産に関し学んでおくことはとても大切です。しかし、一般的な情報は不特定多数の方々に向けられたものであることを、ぜひ認識していただきたいと思っています。
妊娠・出産の経過は、人それぞれ異なります。100人の妊婦さんがいれば、100通りの経過・出産があります。

私たちの仕事は、一人ひとり異なる経過とお産に対してしっかりと向き合い、安全で安心なお産をサポートすること。ですから、定期健診時や出産時のアドバイスや対応も、一人ひとり異なります。
また、当院では、最新の医療情報をスタッフ全員で共有し、安全なお産に対する意識を高めています。私も含め、当院のスタッフは長くお産の現場で仕事をしてきました。しかし、そうした経験値に甘んじることなく、つねに新しい知識とスキルを身に付けながら、新しい命の誕生を見守っています。

◎当院では新生児蘇生法「専門」コース修了認定証を取得したスタッフが常勤しています

逆子=帝王切開とは限りません

当院では、出産までに逆子を治す「外回転」を導入しています。外回転は、経験と高い技術が必要となるため、最近ではあまり行われなくなり、外回転ができる産婦人科医は年々減少しています。しかし、技術によって治すことができる逆子であれば、できるだけ治し、帝王切開ではなく自然分娩で出産できるようにしたい、と私は考えています。

長年にわたり、私は外回転を行っており、当院の成功率は、一般の約58%よりも高い、約76%を誇ります。もちろん、実施時には安全性を第一に考え、経過観察、手順とも、万全の体制で対応しています。

※外回転に関しては、ママや赤ちゃんの状態、経過によっては対応できないケースもあります。また、前後の経過を把握し、安全なお産に導くために、外回転のみの対応は受けつけておりません。

皆さまへのメッセージ

昭和49年に長岡産婦人科医院を開いて、早40年がたちました。当院で生まれた赤ちゃんが大人になり、2世代に渡って当院で出産される方も増えてきました。これからも当院は、街の産婦人科医院として、安全・安心できるお産、そして女性の健康を守ってまいります。

医院写真

  • image

    外観

  • image

    待合室

  • image

    受付

  • image

    カウンセリング室

  • image

    診療室

  • image

    検査室

  • image

    検査室

  • image

    プレイルーム

  • image

    新生児室

  • image

    入院部屋

  • image

    入院部屋

  • image

    分娩・手術室

ページトップへ戻る