硬膜外無痛分娩を体験して|北葛飾の長岡産婦人科医院

image

トピックス

患者様の声

硬膜外無痛分娩を体験して

麻酔の管を入れる際に少し恐怖心があったのですが、先生が一つ一つ説明しながら進めて下さったので安心でした。

最初の注射の張りがちくっとしただけで、管を入れる時は、何も感じませんでした。

テスト麻酔を入れた際、→の股関節が少し重だるくなったような気がしましたが、その間隔はすぐなくなりました。

その後も痛みが出てきたら、麻酔を追加してもらい会話もしながら落ち着いて分娩する事が出来ました。

自然分娩だった1人目の出産に比べると、体力の消耗がとても少なかったです。

39才という年齢もあり、後に体力を残すことが出来て良かったです。

ページトップへ戻る