産科

診療内容

  • 妊婦健診
  • 無痛分娩
  • 母親教室
  • 母乳・育児指導
  • 成熟期誘導分娩
  • 分娩・産科手術
  • マタニティピクス
  • 外回転

当院で出産をお考えの方へ

徹底した安全への配慮

安心して妊娠期間、出産、産後期を過ごしていただくために、当院では、徹底した安全管理体制をとっています。

1経過をしっかりと観察します

定期健診中は、時間をかけて丁寧な診察を行い、経過をしっかりと観察します。また、何か心配なことがあれば、すぐに相談、来院していただけるよう、365日24時間体制でスタッフがスタンバイしています。

2早めの対応によって、命を守ります

早め早めの対応を行うことが、当院のモットー。何かあってから慌てるのではなく、何かがある前に対応することで、赤ちゃんとママを守ります。
また、当院では、それぞれの妊婦さんの固有のリスクをいち早く発見し、万が一何かが生じた場合に備えられるよう、徹底した体制を整えています。さらに、当院では対応できない場合は、すぐに提携先の大病院に搬送できるシステムも整っています。

3できるだけママを一人にさせません

出産のために入院した後は、分娩監視装置でお産の進み具合、赤ちゃんとママの様子を観察します。また、機械を用いるだけでなく、スタッフができるだけそばについてお産の進行を把握し、見守ります。病院によっては、機械任せでスタッフが不在、ということがありますが、当院の場合はいつもスタッフが目の届く場所にいますので安心です。

4産後の経過観察も安心

出産後は、赤ちゃんのベッドの下に無呼吸センサーを設置し、万が一異常があった場合、早急に対応できる体制を整えています。また、監視カメラも24時間作動しています。

5経験と熟練した知識を持ったスタッフがいます

当院では新生児蘇生法「専門」コース修了認定証を取得したスタッフが常勤しております。

アットホームな雰囲気

部屋数は5つの小規模な産院なので、すみずみまで目が行き届きます。スタッフは、ナースステーションに詰めているよりも、入院中のママたちのそばにいることのほうが多いほど。それだけスタッフとの距離が近いので、どんなことでも遠慮なく相談できます。

産後はもちろん、出産前の管理入院中などは、いろいろなことが心配になり、ときにはナーバスになってしまうこともよくあるものです。でもそんなときにこそ、まるで母親のようなベテランスタッフたちが話を聞き、そばにいますので安心です。

また、おっぱいマッサージも、1対1で出来るだけ時間をかけて行います。入院中にていねいな指導を受けることで、ママの理解も深まり、退院してもスムーズに授乳ができるようになります。そのせいか、当院で出産したママたちは、産後、おっぱいのトラブル(乳腺炎など)に悩むようなことがほとんどありません。

もちろん、退院後に何か心配なことがあれば、いつでも連絡してください。長岡産婦人科医院は、ママたちのもうひとつの実家のような存在。いつでもお待ちしています。

快適な入院生活のために

手作りのおいしい食事

入院中に召し上がっていただくお食事は、出来るだけ手作り。出来立てホカホカの美味しいお食事をお出ししています。フランス料理のフルコース、といったような豪華なメニューではありませんが、素材、そして栄養のバランスを考慮し、家庭的でホッとできるお食事を、心をこめて作っています。夕食は、お魚が苦手、あるいはお肉が苦手なママにも無理なく召しあがっていただけるよう、お魚、お肉のどちらもメニューに加えられています。
嬉しいことに、「入院中のごはんがとてもおいしかったから、次もここで出産したい」という声をたくさんいただいています。

夜間は新生児室で赤ちゃんをお預かりします

退院後は忙しい毎日が始まります。だからこそ、せめて出産後~退院までの数日間は、できるだけママにゆっくり休んでいただきたい。そんな想いから、当院では、昼間は母子同室、夜は母子別室を基本としています。もちろん「夜もずっと赤ちゃんと一緒にいたい」という場合は、夜間の母子同室もOK。ママの希望に合わせたきめ細かい対応で、快適な入院生活をサポートします。

立ち合い出産について

出生直前の立ち合いになります。また、立ち合いはご主人のみとなります。お子様やその他の立ち合いはご遠慮させていただいております。尚、カメラ・ビデオなどの持ち込みもご遠慮させていただいております。
処置等が全て終わった後は、撮影等可能です。尚、当院ではカンガルーケアは行っていません。

定期検診について

定期検診は、おなかの赤ちゃんの発育や母体の状態を確認する大切な検診です。血圧測定や超音波検査により、胎児や母体の大切な情報を得ることが出来ます。これは出産へ向けて安全を確保するためにとても大切なことなのです。そして、定期検診の間にいろいろお話をする中でよい信頼関係が出来てきます。

定期検診の頻度

  • 妊娠初期~23週(6カ月)までは4週間に1回
  • 妊娠24~35週( 8~9カ月)は2週間に1回
  • 妊娠36週(10カ月)に入りましたら1週間に1回

母乳外来はじめました

母乳の出が気になる、赤ちゃんの体重が気になる、うまく吸ってくれない、おっぱいにトラブルがでた、断乳をしたいなどなど、おっぱい・授乳・育児への不安や悩みのある方を対象として、個別相談を行っております。お母様方の楽しい子育てをサポートするため幅広い視点でアドバイスをさせていただきますので、お一人で悩まず、お気軽にご相談ください。
また希望される方には相談と併せて堤式乳房マッサージ法認定者である助産師が乳房マッサージを行っております。(堤式乳房マッサージ法はおっぱいだけに目を向けるのではなく、産後のお母さんの精神的な疲労や身体的な疲労による体の変調を整えながら行っていくものです。)

内容 授乳相談、育児相談、乳房マッサージ
日時 毎週月曜日・土曜日 午前9時~11 時、午後2時~4時
予約 当日電話予約(午前9時頃にご連絡ください)
費用 1. 母乳・育児相談・・・2000円(税抜)~
※相談された内容と相談にかかった時間によって変わります
2. 母乳・育児相談+乳房マッサージ (60分)
当院でご出産された方・・・3500 円(税抜)
他院でご出産された方・・・5000円(税抜)
※医師の治療や薬の処方が必要な場合は別途料金(保険扱い)が発生します
持ち物 母子手帳、診察券、健康保険証、赤ちゃんとお出かけに必要なもの一式(ミルク・哺乳瓶・おむつ・おしりふき・着替えなど)
※乳房マッサージを希望の方は上記の他にTシャツ1枚、フェイスタオル3枚

リフレクソロジープレゼント!

当院ではがんばったママへのごほうびとして、退院前日の夜に無料で60分リフレクソロジーを行います。産後のリフレクソロジーで、アロマの香りに包まれて心身ともにリラックスして、どうぞ1時間の至福の時をお過ごしください。
退院後のご希望につきましては、担当者にお問い合わせください。

リフレクソロジーってなあに?

反射(リフレックス)学問(ロジー)のこと。足には全身の臓器や器官が映し出されていて、その部分を反射区といいます。
その反射区を指で刺激することで、全身を刺激したのと同じ効果が得られます。

リフレクソロジーの方法

  • アロマの心地よい香りの中で足浴していただきます。
  • ふくらはぎを膝裏までアロマオイルでトリートメントします。
  • 足裏の反射区を指で、痛気持ちよく刺激していきます。

リフレクソロジーの効能

  • 血行が良くなり、母乳の分泌が促進されます。
  • 脳が休まり、疲れを取り除いてくれます。
  • 足のむくみを取り除き、冷え性の予防に役立ちます。
  • 自然治癒力が高まり、産後の回復に役立ちます。